EMA認定や社員証の取得をする【オフィス便利サービス】

オフィス

デザインと表現力

社員証において重要になる表現力とデザイン

オフィス

今からの社員証には、その表現力とスタイリッシュさが求められます。いかに明確に自分達の会社やそのサービスの方向性が伝えられるか、そして何よりも自分を表現出来るかが重要になって来ます。業者では様々なテンプレートデザインが用意されていますが、その型にはまってしまわないように気を付けましょう。言われるがままに作るデザインにもちろん個性はなく、合理的な決定打を作る事が必要です。例えば、社員証にラインの模様を入れこんで企業カラーを表現する事も出来ます。ラインをどこに入れるか、何色入れるかでその見た目は激変します。スッキリとした爽やかな印象を持たせたいなら、細長い青系の色を取り入れる等、カラーも交えたアイデアが不可欠となって行くでしょう。

項目毎にバランスを考えて作成

デザインサンプル等を巡っていても良く分かるのですが、社員証と言うのはそれぞれの要素をバランスよく目立たせなくてはなりません。顔写真が大き過ぎて名前が小さく見えたり、社名やロゴが小さすぎると企業イメージが与えられません。作成後でも全体のバランスを今一度確認し、大きさに違和感がないかをチェックしましょう。会社としてのイメージを大切にする方も多いのですが、スタッフの写真と言うのも案外重要な役割を果たしています。特に店舗経営等ではお客様に対するイメージが重要になります。明るく笑った写真を携えるだけで、その方に持つ印象が一気にアップします。逆に社員証で信頼を売りにする場合は、ビシッと決まった爽やかで真面目な写真を大きめに配置してみましょう。