EMA認定や社員証の取得をする【オフィス便利サービス】

オフィス

認定取得までの道のり

オフィス

時代の変化によってインターネットの普及も次第に進んできており、コミュニティサイトも多く展開しています。EMA認定の取得には利用者目線の事を考えて24時間監視や広告管理などを行なう必要があります。

Read More

デザインと表現力

オフィス

社員証を作るにあたっては、今のデザインにおけるセオリーを積極的に取り入れていくのが大切です。様々なデザインが用意されているなかで、型にはまらないようにできるアプローチを取り入れるのが欠かせません。

Read More

システムの成果

オフィス

ISOの取得をしてこれから企業で取り組む時はしっかりしたシステム作りをする必要があります。自分一人の力で行なうのではなく、プロのコンサルティングに依頼することで取得に向けて準備ができます。

Read More

有効的な機能

ISO14001を取得して、環境問題への取り組みを証明しませんか?取得することによって、信頼性を今以上に高められますよ。

様々な機能を持つ社員証を制作できる

オフィス

社員証は近年ではインターネットで注文が可能になっている。会社のロゴを社員証に入れ、位置を調整することが可能になるなど、ある程度デザインを自由に注文することができる。ICカード型の社員証も注文可能である。社員証に電子マネーサービスを持たせることもできる。加えて、社員食堂や社内のパソコンのセキュリティ、プリンター出力管理や勤怠管理のために使用できる機能を持たせることができるようになっているものもある。 社員証で出勤状況や残業時間などをデータとして残すことができ、事務処理の面でも効率化を図ることができるようになっている。セキュリティに関しても、最新の技術を投入したものの開発が行われ続けており、今後も様々な機能を持つ社員証が導入可能になっていくことが予測される。

紛失には細心の注意を

多機能な社員証を導入・運用する上で紛失には十分に注意しなければならない。ICカードとして使える社員証には、個人情報が含まれることもあり、また社内のセキュリティに関わる機能を持つものもある。場合によっては悪用されるリスクがあるのである。 社員証を悪用することで、社内に入り込み、セキュリティのかかっている情報を外部の者に持ち出すことも可能になる。 対策としては、機能や重要性についてを説明し、紛失には細心の注意を払うよう職員教育を行うことが第一である。また、万が一紛失した際の対応を決めておき、迅速に対応できるようにしておくことも必要である。利便性の高い多機能な社員証は、トラブル発生時の対応を詳細に決めて運用することが望ましい。